カズヤのプロフィール 嫁とセックスレスからの浮気で人生よくなった話

 

はじめまして、カズヤです。

まず簡単にやってることをあげると

・男がセックスすることは大事という信念で発信している
・ストリートナンパもやっていたが挫折
・奇跡的に結婚できたが嫁とセックスレス
・セックスレスが影響で不倫でセフレとセックスしまくってる

などです。

浮気不倫をするようになってから出会い系をメインで遊んでます。

セックスが大好きで、嫁も大事にしてますが
セフレを3~5人はキープして生きています。

特に得意なのは出会い系で
スキマ時間を使ってシコシコセフレを作るのが
趣味みたいなものです。

ストリートナンパで女と話すものスキ。
とにかく女好きなのはまちがいないです笑。

 

こんな感じに言うと、モテまくりの
セックスしまくりの陽キャってかんじに思われますが

今でも暗くはないですが、陽キャってほどではないですし
もともと女にモテたわけでもありません。

 

30歳を超えるくらいまでの僕は

・彼女いない歴=年齢
・学生時代女としゃべることはほとんどない
・大学卒業しても女としゃべることはほとんどない
・というか女としゃべれないほどチキンだった
・コミュ力低い
・陰キャ
・人生に希望よりも不安が多かった
・風俗にハマり金津園のソープがお気に入り
・風俗にハマったおかげでお金もたまらない
・30歳を超えて風俗だけの人生に違和感を覚える
・婚活したら奇跡的に結婚できた
・だが非モテのまま結婚したんで嫁に舐められる
・当然セックスレスになる
・このままセックスレスで一生クソみたいな人生をおくるのか?と絶望する
・だから不倫でセフレを作りセックスを求める
・それやってたら抱いた女は200人超えた→イマココ

こんなかんじです。

 

ネガティブ要素が多いですけど、
なんというか、普通の非モテな男で
普通に大学まで出て、働いています。

まあどこにでもいる
女に困った男だとおもってください笑。

 

ただ、ずっと何も考えずに生きるというよりは
何かに不安を感じながら生きているタイプです。
人生損するタイプかもしれません。

 

人なみの努力はするタイプですが、
学生時代の勉強とかもせっぱつまったときにしか
やらなかったですし、
今でも「もう少しがんばっておけばよかった」
と思うことも多いです。

 

ようは中途ハンパでなんでもテキトーにこなしてるタイプです。

 

あと、「女なんていなくても生きていけるし」
みたいな謎の強がりも持っていました。
これ今考えるとホント良くないです笑。
今だから笑えますけど、

 

おじいちゃんになってから
女を何とかしようとしてもそれこそ後悔で
死にたくなるでしょう。

僕は男がセックスに困らないようになることは
ものすごく大事だと思っています。

この考えは僕の経験から来ています。

で、どうやって今まで僕が生きてきたかを
書き記してみました

生い立ち

はじめに、僕の人物像を書いておきます。

セフレつくりの作り方の話を読みたいという方は飛ばしてけっこうです)

 

名古屋生まれ名古屋育ちです。
5人家族の長男として生まれました。

小さい頃は活発というか
小学生まではよくしゃべる子供でした。

 

小学生の時には通信簿に
「情緒不安定」
みたいに先生に書かれました。
どんだけ落ち着きのない子供だよ笑。

 

それ以外は
勉強も運動も平均くらいで
これといってとりえもない子供でした。

なぜか、子供のころは剣道をやっていて
丸坊主でしたね。
ちなみに中学から高校まで剣道部でした。

へっぽこだったので試合とかには
たまに出るくらいでレギュラーになれたりなれなかったり。

 

剣道の防具とかメチャクチャ臭いんだよなあ・・・
あの匂いってほんと、どくどくな汗のにおいだもんなあ・・・

 

そして中学生くらいになって
小学生のときはわりと活発なこどもだったけど
中学生でではなぜかヤンキーに目を付けられて
そのせいで引っ込み思案になります。

 

イジメってほどじゃないけど、
普通に平手打ちとかでヤンキーに殴られました。
グーでないだけマシかなw

 

それからビビりな性格になって
急におとなしいキャラになって
目立たないようにするのがいいんだみたいな
思い込みを持っちゃいました。

 

小学生の時には女友達とか
いたんですけど、
引っ込み思案になるにつれて
女の子と話す回数はほとんどなくなり・・・

彼女とかを作るのなんて別世界の状態になりました。

 

ヤンキーとかには愛想笑いしてかわすようになり
パシリとかにはされずに何とか切り抜けてる状態
購買にパンとか買いに行かされないでよかったです。

 

中学生なってから以降は
暗い人生を生きていくわけです。

女との接点がほとんどない
なんとなく生きいた人間だっていうことは
知っておいてほしいです。

 

大学時代は麻雀ばかりしていた

東京のMARCHの大学に入ります。

そこで初めて一人暮らしをするんですが、
あいかわらず女との接点がなく
陽キャな同級生とのからみもなくて

陰キャ同士で麻雀とかしてました。
その時は、なんかプロ雀士とかにも
憧れましたけど、

たまに、一人で雀荘に行って売ったりすると
普通に点5の雀荘でも(レートが低くて学生用の雀荘です)
2万円とかまけるのがおおくて

自分が麻雀弱いってのを痛感します笑。

 

学校の授業にテキトーに出て、
バイトやって麻雀やって

サークルとかも
あの明るい空気にムリに合わせるのがきつくて
1年もたたずに行かなくなりました。

 

授業→バイト→麻雀

 

この無限ループで
それだけで大学が終わったよ
といいう感想です。

今、思い返して、これを書いてる時も
「悲惨な大学生活だな、つまんねえだろうな」
と自分で自分のことを思ってしまいます笑。

 

でも、思い切って女遊びするとか
何か勉強するとかもせずに
ダラダラと生きていきます。

そんな感じで時間はすぎていきました。
特に何もなく、女との接点はゼロで
あっというまに大学生活が過ぎていきました。

 

そんな僕でも、
就職はちゃんとしないと人生ダメになるという
恐怖心みたいなものがあり
わりと就活はマジメにやりました。

 

ほんと僕ってなんというか
「恐怖心があるくらいおいつめられないと行動しない」
っていう行動力が無い男です。
ここ今でももっとなんとかならねえかと思う
自分のコンプレックスなんですけど・・・

それでも恐怖心があれば逆に行動するとか
多少前向きに今では考えることができてますけど笑。

この恐怖心がある→行動するってのが
のちのち役に立つこともあります。それはのちほどわかります。

 

そして、就活して名古屋の地元の製造メーカーに
運よく内定します。

 

社会人になり同期の女にアタックして撃沈

社会人1年目って同期入社のやつらって
つるんで飲み会とかしますよね。
最初だけですけど笑。

同期は20人くらいいたんですけど、
その中の1人の女がメチャ好みのタイプ

今までロクに女と話したこともないのに
なんかムリヤリアタックしました

 

まあ、今考えると絶対にムリというか
完全に非モテのアタックというか
誠実でやさしくて、押せば何とかなるみたいな
女の口説き方してました

 

そして、その女もわりと小悪魔的な女で
男にはそれっぽい感じのたいどをするわけですよ
ハッキリと拒絶するわけでもなく
メシを食べに行くくらいならOKな感じのやつ

 

なので当時の僕は、カン違いして

「これイケんんじゃね?」
とか思ってました。

 

ロクに女と話したこともないのに
その女を誘ったりしてました

その女は特定の男はいないとか
言ってましたけど、後で知ったんですけど
フツーに彼氏がいました。

これかなり痛いですよね・・・・・(僕がですよ)

 

それを隠して、男に脈ありげなかんじなことを
する女

こういう女いますよね

イケるんじゃないかとか思ってしまうし
当時の僕だとムリもないです。童貞でしたしw
女の裏を見抜く力なんてなかったわけです。

 

半年くらいその女を誘ったり
気を引いたりしてました。
マジ、これ痛すぎて思い出すだけでも
きついです。

女と接点が無いと、
こういった
「気が無い男でもあるようなそぶりをする女」
ってに気付かないんですよ。

これは気づかない僕が悪いです。

 

そんなことをして半年くらいかけて
苦い経験をしたわけです。

このあたりから僕はだんだんと
女とかがめんどくさくなってきて
風俗にハマっていきます。

自分で書いていて、めちゃめちゃ悪い方向に
言ってますよね。

この時の自分に言いたいですよ。
「それじゃいかん、本当にダメになるぞお前」
とか言って、当時の僕をはったおしたい気分です。

でも残念ながらこのあたり(20代前半くらい)から
風俗にハマっていきます。
なんかせつなくて自分のプロフィールだけど
書くのがつらい

素人の女に嫌気がさして風俗にハマる

このころから僕は風俗にハマり始めます。

名古屋に住んでて、岐阜に金津園って
あるんですよ。

 

たぶんソープ好きな人なら
知らない人はいないんじゃないすかね?

この金津園っていうソープって
岐阜駅から歩いて数分の距離にあるという
「おいおい大丈夫か岐阜って」
とか心配するくらい近い距離です笑。

 

僕も20代前半で女もいないし
わかいから性欲もありあまってるし
ハマるよなあ・・・・

 

金津園のソープってレベル高いんですよ
リーズナブルで女の子のレベルも高い

そんなわけで、だんだんと
2か月に1回
↓↓
1か月に1回
↓↓
1か月に2回の月も出てくる

 

とか金津園かよう回数ふえちゃったんですよ。
1回90分で30,000円とか
100分で40,000円くらいなんで
正直、風俗にハマると金がたまらないです。

 

でも、これ女もいなくて性欲があって
ガマンできないとかって
風増行くしかないんですよ。

性欲なんてガマンしすぎたら
犯罪おかしそうだし、
だったら、風俗で発散するほうが10倍いいですし

それに女との接点が無ければ
やっぱりさびしいきもちもある。

風俗に行って女とエッチすれば
一瞬だけどさびしい気持ちもやわらぐ

だから、当時の僕を一方的に
「だめなやつ」
とか責めることもできないです。

だから風俗にハマる人の気持ちは
痛いほどわかります。
これどうしようもないですよ。
だから金を使ってしまう。

 

1か月に1回風俗に行くために
働いてがんばってる人もいます。
当時の僕ですが

そんなんでもずっと生きていければ
いいんですよ。
でも僕の場合は30代になって
ずっと続くと思った風俗通いが
できなくなるくらい悩んでしまうことがおこります。

こんな感じで風俗通いをしつつ
素人の女とは全く縁のない生活
20代は暗黒でした。

暗黒なのかな?
でも今考えると
きつい状況だったと思います。

でも当時はそんなに精神的には
きつくなかったです。
風俗ですくわれていたってのが
本音ですね。

これがずっと続くとおもったんですけど
そうはいきませんでした。

彼女いない歴=年齢
素人童貞
この称号をもったまま30代に突入します。

 

風俗がむなしくなり婚活→奇跡的に結婚できた

30歳を超えても僕は
あいかわらず風俗かよってましたけど
だんだんと違和感を感じてきます。

「あれ?このまま死ぬまで女と接点なし?」
「デートしたりそういうの経験しないで死ぬの?」

 

30代になると、若い時と違って
死を意識します。
ちょっとおもいですけど・・・

祖母とか友人や知り合いの上司が
突然病気で亡くなったりすることが
あったりして
死について意識するようになりました。

 

これは人間だれでもあるんでしょうけど
僕のあ場合は

「このまま死ぬまで女とまともに接点がなく死ぬ」

とか思い始めたら、
頭をグルグル回って
離れなくなりました。

だんだんと考えすぎるようになって
それが大きくなって
「恐怖」
に変わっっていたんですよ。

ちょいと大げさだよ
と思われるかもしれませんが
僕にとっては恐怖でした。

僕もムダにチキンでそのわりに
プライドもあったりして
女とまともに接点のないまま生きていくことに
満足はしてなかったんです。

 

女と接点が無い
↓↓
一生独身
↓↓
孤独死

こんな感じです。

ちょっと重いというか
「お前何言ってんの?」
とか言われそうですけど
マジで当時は怖かったんですよ。

 

これわかるかなあ・・・・
自分のある程度納得できる彼女いたり
納得できる人と結婚してる人にはわからないかもなあ

 

女と接点が無い人なら少しはわかってもらえると思うし
そのあたりはわかってもらえなくてもいいけど

とにかく怖くなったんですよ。
女とまともに向き合うことをしないまま死んでいくのが。

僕って普段行動とかしないし
家でダラダラするち決断力もない
だから今まで女に対して逃げてきたけど

「恐怖心」

が出てくると行動するんですよね。

勉強しないと大学入れない
大学入れないとまともに就職できない
就職できないと人生終わる→恐怖

みたいな恐怖心にあおられて行動するタイプです。

 

そして、30代になって
女と接点ないまま死んでいく恐怖ってのは
就職できないとかの恐怖の50倍くらいありました笑。

 

だからもうれつに行動したんですね。
婚活しました。

で奇跡的に結婚できた。

でも、非モテのまま男が結婚すると
結局は女に舐められます。

それが、さらに悲劇につながります。

嫁に舐められてATM男になる→セックスレス

嫁と結婚したのが35歳くらいですね。

ここから
「ああ幸せな人生が送れるんだ・・・」

みたいに考えてた僕ですが、
そんな生活は・・・・

「ムリゲー」

でしたよw

婚活で結婚した嫁

まあ僕の収入とかしか見てなかったんでしょうね。

結婚して2か月目で子供ができたんですが。

そこから出産までは当然セックスレスで
子供が生まれてから・・・・

今現在もセックスレスw

まあ子供がかわいいですが
嫁はそもそもセックスしたくなかったみたいです。

婚活で結婚する女って

「結婚」「出産」したいだけで

男が好きなわけじゃない。まあそりゃあそういう面もあるでしょうけど

それにしても結婚したから嫁とセックスしたのは数回ですよマジで。

それからずっとセックスレス。

うんもうオレ童貞と同じっすよ。

しかももうATMと同じというか給料はこんでるだけ。
そんな生活がのまま40歳を迎える年齢になってきたんですよね。

このまま一生セックスガマンしていきていくの??????

嫁とセックスレスのままこのまま一生生きていくの???

これ、もう絶望しかないっすよ。

「これなら死んだほうがマシだ」とか思って

仕事とかもまったくやる気出ない。

もう、踏んだり蹴ったりの人生だな。

結婚もできない男もいるんだからとか言うけど
個人的には結婚しないで自由を謳歌した志村けんさんみたいな人生が
最強だなとは思う。マジで。

オレはある日頭の中で

「プチっ」

っておとがした。風船が爆ぜた??知らんけど
血管キレたかとおもった。

オレはその瞬間

あ、そうだもういいやセフレ作ろ

どのみち、このまま生活してても
たぶん子供が成人近くなれば嫁が離婚切り出してくるだろうし。
まあオレのほうもそのつもりだし。

まあいいや、

人生一度切おもいきりセックスしたるわ・・・

オレはこんな勢いで、セフレ作りを始めるにいたるわけ。

 

ナンパとかしたけどうまくいかなかった

最初はナンパとかしたんすよね。

でも半年くらいがんばったけど正直うまくいかった。

ナンパでまったくセックスできなかったわけじゃなかったけど
「即系ナンパ」ってのをやってて

結局は、ブスやメンヘラしか抱けなかった。

既婚者の男がナンパしたら失敗した記録 ナンパは難しいよ
既婚者の男の僕がセフレをつくるために「ナンパ」をやってみました。結論言うと半年くらいやったんですが難しすぎて挫折失敗しました。その詳細な記録を書き記しています。

合コンとか街コンとかやっても全然だめだったわ・・・・

街コンで心が折れたエピソード 街コンの現実とセフレ作りに向かない理由
街コンで出会えないで失敗した、もう心が折れた。参加してもうまくいかないと悩んでませんか?本記事では街コンでの失敗談とうまくいかなり理由・もっと簡単にセフレを作る方法をご紹介しています。街コンにウンザリしてる方はごらんください。

オレは既婚者のオッサンがセフレ作るなんて
やっぱむりなのか・・・・

これじゃあオレの人生セックスで満たされるとか
夢のまた夢か?

夢幻のごとくか?

とか、途方に暮れていた。そして僕は途方に暮れる。

でも・・・・こんなオレでも出会い系で変われた

そして僕は当方に暮れていた時
職場の同僚のバツイチの先輩と飲んだ。

先輩のJさんと飲んで

「え?お前嫁とセックスレスなの?」

と突っ込まれた。

その時点でセフレが欲しいとか言ってなかったけど
Jさんはニコニコした感じで

「浮気でもすれば?出会い系なら既婚者の人妻いっぱいいるぜ」

「オレ、いまセフレが5にんいるんだよ」

とJさんはさも当然のように言った。

全く声がブレてないというか
「オレって人生楽しみまくってるぜ」

みたいなノリでマジで「たのしそーに」出会い系のことを話した。

「出会い系ってあやしくね?」

とオレの場合そこからだった。

でもまあ、ほかに選択肢がなかったから

「やってみる」しかなかったんだよね・・・

 

出会い系をやったんですけど
PCMAXってのを
やりました。

いまでもある出会い系です。

 

でも最初はわけわからずに
メール送ってるだけで、
金ばっかりとられてゼンゼン返信も来ない

1回メール50円なんで
モバゲーみたいに無料じゃないです

でも、そこであきらめずに
出会い系の攻略法とかめちゃめちゃ
ネットで調べましたよ。

ネットでの出会いの当たり前のことが
わかってなかった。

・写メをイケメン風にする
・デリヘル業者とか援助交際の女をスルーする
・メールは女のプロフィールに対する質問を送る

こんな感じの基本的なことをわかってなかった。

特に写メって出会い系って
自撮りの男ばかりです。

 

これをちょっと工夫して、公園で
写真撮って、イケメン風にしてのせるだけで
一気に返信が来るようになりました

 

当時は、今みたいに写メをちゃんとやる人も
少なくてめちゃくちゃ少なくて
簡単に差別化できたんですよ。

 

メールのやり取りができるようになり
メールアドレスを交換して
女とアポが取れるようになってきました。

そこからです
出会い系と無料のSNSの
「ちがい」
を体感するようになります。

同じネットの出会いでも
無料のSNSと出会い系では
「ちがい」
がありました。

セックスが当たり前の生活になったはなし

出会い系をつかって
女と会ってみると
女の食いつきというか
ナンパとか街コンとかと違う。

 

出会い系なんて名前だから
最初から出会いを求めてるし
普通にセックスしたいと思ってる女も多い

 

多くの男性が誤解してますけど
女にも性欲があって
セックスしたいと思ってる女のほうが多数派

ヤリマンじゃない女でも
彼氏と別れたとか
彼氏や旦那のセックスがしょぼいからとか
そんな理由でセックスしたがってる女が
本当に多いガチで

 

特に彼氏のセックスがしょぼい女
旦那とのセックスレスの人妻とか
ヤバいです。

 

このあたりの女にあたると
トークがテキトーでも
ホテルに誘えば9割ついてくる

それが出会い系の世界でした。
会うまではめんどくさいですけど
会ってからはセックスまでの距離は
かなり近いのが出会い系

このあたりに気づいた僕は
女と会ったら必ずホテルに誘うようにした

それをやるようになったら
会ってからのセックスまでの勝率は
5割以上になったんすよね。

この時期からセックスは入れ食い状態

 

1か月に4人5人と
多い時では8人ほどセックスしました

これ一見すごいように見えますけど
Jさんは1月で20人とか
セックスします

それにくらべばおとなしいものすよ。

それでも僕にとっては
完全に人生が変わった状態です。

女との接点ゼロ
↓↓
月に5人はセックスする

こんな変化だから
マジで激動です。激震です。

 

もともと、一つのことに
没頭しやすい性格なのも
よかったのかもしれません。

出会い系中毒と言われてもしかたないくらい
当時はずっとやってました。

 

もともと女と接点のない男だったんで
女と会えてセックスするのが楽しくて
毎日のようにメールでやり取りして

休日にアポを組んで
1日に2人とかと会うとかもしてました
完全に中毒者ですね笑

 

平日とかも仕事が月曜日や水曜日の
ノー残業デーの時にあ女とアポと組んで
そりゃあもう、ずっとやってましたね。

だって行動すればするほど
女とセックスできるんだから
そりゃやります。
今までの非モテの反動ですよ。

 

でもさすが
とにかく女と会うみたいな生活は
1年くらいでした

1年くらいたってからは
ペースを落として
セフレを3~4人くらいキープしつつ
チョコチョコ新しい女に、
時間のある時に会っていく
みたいな生活で落ち着いています

完全に女との接点
女とのセックス
これに困ることはなくなりました。

モテる男になったというわけではないですが
モテない男からは脱出できた実感はあります

モテるモテないってのは
女と接する時間が長いと女に慣れて
男と接するのと同じくらいの感覚になります。

女に慣れてるか慣れてないかだけ
それに女と接すると
「女が何を考えているか」
ってのがわかります。

可愛い娘でも、普通の人間と同じだし
悩みながら生きてるってのがわかります。

最初はセックスが目的で女と会ってましたが
女と会って話すのも楽しみの一つになってきました。

女と話すのが楽しみの一つになってから
モテるようになった気がします。

最初はセックス目的でもなんでもいいんですよ
女と接点持つことが大事でした。

僕は女と接点が無いまま死になくないという
恐怖心から行動しましたが

行動してみて人生が大きく変化したので、
人生をある程度変えるためには
一歩行動してみるという事が

大事だということを
身をもって知ることができました。

セックスに困らなくなると人生が上向いてくる実感

こうして僕は女とのセックスに困らなくなりました

最初は女との接点が無いと怖いといった恐怖心と
もちろん女とセックスしたいという性欲
これがセフレつくりのモチベーションだったんです。

今でもこれはあるんですけど、
女とのセックスに困らなくなると
メンタルに余裕ができます。

 

「男としての余裕」
ってやつです。
自己満足ですけど笑。

ただ、どんなに金持ちでも地位が高くても
女に困ってる人はいますし、
金でしか女を変えないむなしさがあるわけです。

 

セフレを作ったり、彼女作ったり
そしてセックスしまくる。

これってかなりメンタルで余裕が出ます。

「女に対しての焦りや不安」
がなくなってきます。

こうなってくると、物事に対してやる気も出ますマジで。

不思議なもんで、女関係の悩みが解消されると
仕事もやる気が出てきて、上司の評価も上がりました。
給料もちょっとづつですが増えて軽く昇進しました。

 

あとメンタルの余裕が出て、他人にやさしくできます。
仕事でも家族にでも他人にやさしくできるようになって
人間関係がよくなります。
新しい友達もできたりします。

 

あと、ちょとしたことでは怒らなくなったりします。
僕はすぐに仕事とか人間関係が悪くなると
すぐにてんぱってかりかりする性格だったけど
セックスに困らなくなってからそれがなくなってきました。

最初は恐怖心と性欲で行動したセフレつくり

いざ、やってみて女とのセックスに困らなくなると
自分のメンタルにいい影響が出て
結果的に人生楽しくなります。

 

女とのセックスの問題ってのは
男が一番最優先で解決するべき問題だと思ってます。

 

ココがうまくいけば、歯車がかみ合って
わりと人生が好転していくと確信しています。

さいごに僕の人生観について

ここまで
僕がどういった人間なのかが
少しは知ってもらえたかと思います。

 

1つよく誤解させますけど
セフレを作る=女をテキトーに扱う
とは全く考えていません。

 

セフレができるようになって、
セックスに困らなくなっても
女を者のように扱ったりはしてません。
まあきれいごとですけど
クズ男にだけはなりたくないと思っています。

 

人生に満足できればそれでいいと思ってます。
女とセックスすることによって、
僕は人生が好転したので
割と女性には感謝をしています。

 

人生のくそつまらない仕事とかも
セックスできることで、やる気も出ましたし

他人にも優しくできる帆とメンタルの余裕も出ました。

 

女とセックスに困らなくなる前の僕って
めちゃくちゃ惰性で生きていました。

 

受験とか就活とか
ものすごくいやでしょうがないいけど
失敗したら怖いからしかたなくやるとか

風俗にハマって
それだけが生きがいで
女と接することをこわがて
そのことを見て見ぬふりをしてきたとか

本気でいきるしかばねみたい。
だから生きる気力もない状態で生きてる
でもこんな感じの人も現実ではおおいなと
思ってます。

だから僕みたいな
女との接点が無かった人
セックスしたくても風俗しか行けない人

そういう人にセフレ作ってほしいと
心底思います。

セフレつくりはやってみると
続けていれば誰でもできます。

仕事をイヤイヤ続けているよりは
難易度かなり低いです。

なんとなくムリじゃね?とか思われてるだけ。

常識を常識と思わず
なんでもフラットにうけいれて
いざやってみると

「あれ?セフレつくりって思ったよりもイケる」
的なノリです。

ミスってもいいんですよ。
ミスっても誰も文句を言いいません。
仕事だったら文句言われるけど
セフレつくりはだれも文句言いませんし。

セフレ作りとかって
会社で出世するとか
受験でいい大学入るとか
そんなのよりもラクなんで
ビビります。

だって、女とセックスするの
きらいな男っていないですから。
だからやって後悔することはほとんどない。

だから男はセフレつくりを
やってほしいと思っています。

女とのセックスに困らない生活を
あなたにしてほしいです。

それが僕の願いでもあります。

 

僕は出会い系でセフレつくりをしています。

僕が普段使い込んでいる出会い系はコチラの記事でご紹介しています。

もしよければご覧ください。

既婚男性が不倫・浮気のセフレつくりに最適な出会い系をご紹介
この記事では無料登録できて使い勝手がよく、エッチまでの距離が近いおススメの出会い系をご紹介しています。そのうえで安全で大手の出会い系なので安心して利用することができます。僕が不倫をするうえで欠かせないツールです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました