コミュ障男でもセフレ作る方法&それが簡単な時代になった理由

コミュ障男でもセフレ作る方法とセフレ作りが簡単な時代になった理由

こんにちは。カズヤです。

今日はコラムっぽく、僕が思ってることを書きます。

僕がセフレつくりを始めたのが40歳くらい。
今から3年以上前のことです。

そのときは、すでに結婚してましたし
嫁とセックスレスになり、
「今後、一生エッチできないのか?」
「そんな人生なら死んだほうがマシだ」

と、かなり絶望感を味わっていました。

そんな絶望感からせっぱつまって
セフレ作りを始めわけです。

ただ、僕の場合
もともと非モテのまま結婚したし
コミュ障だったのあって、
浮気したくても全く相手がいない。

というかどこで浮気相手探せばいいの?

とそこから調べていく状況でした。

一気にみんなスマホ持つようになって
そこから変わりました。

特に変わったのは
フツーの女の子でもネットの出会いに参加してきた。
フツーの女の子でもパパ活とか援助交際するようになってしまった。

いい面と悪い面がりょうほうつよくなってきたって
かんじがします。

そう、スマホになってから
ネットの出会い僕にとってはイージーモードです。

僕のようなもともとコミュ障で陰キャな男でも
わりと最初からセフレを作れたわけです。

こはコミュ障男でもセフレが作れる方法をご紹介していきます。

コミュ障男でもセフレ作る方法とセフレ作りが簡単な時代になった理由

コミュ障男でもセフレ作る方法とセフレ作りが簡単な時代になった理由

①まずはネットで女性と接点を持つ

ひとつめは
スマホ時代になっていくらでも
女と接点がモテるようになったことです。

イイ時代です。

今さらですけど、ガラケー時代よりも
SNSとかメチャメチャ発達したし
Twitter、インスタグラムでの
出会いとかもフツーになってきてますし。

子供でもスマホ持ってますし、
だれでも無料で出会えてしまう。

そのぶん、中高生とかがおっさんと会って
なんかニュースになってること
よくありますよね。

言い換えればネットでいくらでも女性と出会える時代。

twitterでも出会い系でもいいんです。

ネットで女性にメール送ってみればいいんですよ。

この「メールで送ってみる」ってのがポイント

コミュ障だと、いきなり女性に会ってかいわするって
わりとムリゲーじゃないですか。

コミュ力ある人なら女性とのトークも盛り上がりますけど

でも、コミュ障の僕にはそれは難しかったので
セフレ作りのために出会い系でメールを送ってました。

メールのやりとりからLINEでのやりとりをして
女性とある程度、仲良くなってから実際に会う。

こうすれば、女性と会った時に会話がイマイチでも
なんとかなることが多かったです。

今はスマホでいくらでも女性と会える時代。
コミュ障でもイケる時代になりました。

スマホをポチポチやってれば
いくらでも女と会えてしまう
えげつない時代になりました。

今ではネットナンパ(ネトナン)の
ノウハウとかいくらでもネットにあふれてますし
このサイトでも、ネットの出会いのコツを
ご紹介しています。

404 NOT FOUND | 既婚男性の女遊びのヤリ方「カズヤのブログ」
嫁と不仲でセックスレスの43歳男がセックス不足に絶望し不倫・浮気をして200人の女を抱いたブログ

僕がセフレつくりを始めた3年前よりも
さらにネットの出会いは活発になっています。

僕が始めたころは、ネトナンのノウハウも少なくて
ホントに自己流で
とにかく女にメッセ送って

会ってみてホテルに誘うみたいな
これをくりかえして
なんとか自分なりにやり方を構築する
みたいなかんじでした。

今ならネトナンのテンプレみたいのは
noteとかで数千円で売ってるし
それにわりと役に立つのもある
(ゴミな情報もあるけど)

ただ、ネットの出会いとかって
ブスと会うことももあったし
逆に、めっさかわいい女とあうこともあったり
けっこう運の要素がおおきかったんですよ。

でも今時ではネトナンのノウハウも
いくらでも情報であるし
普通にネットの出会いやれば
わりとかんたんにかわいい女と
セックスができます。

コミュ障男にとってはイイ時代になったんですね。

②コミュ障男でもイケる女性のとの出会いが急激に増えている

先ほど書きましたが
スマホの時代になってから
ネットでの出会いが常識になって
それに参加する女性も急激に増えました。

これもスマホ時代になったおかげですね。

昔のネットの出会いって
わりとオープンな女の子っていうか
悪い言い方するとヤリマンな女しかいないというか。

 

昔ってかわいい娘もいたけど
ネットの出会いをする娘って
どっちかっていうとヤリマンよりの娘が
多かったです。

だからまあ、話早いけど
なんかヤリマンとセックスしても当たりまえっつーか
達成感みたいのは少なかった気がします。

でも、どうでしょう。
今はスマホ全盛になってきて
いわゆる
「フツーの女の子」
もネットの出会いに参戦してきています。

 

ホントフツーの娘とかですね。

はじらいのあるフツーの娘がネットの出会いにいます。

フツーの女子大生とかOLとか看護師とか
そのあたりの女がいっぱい参戦してきてます。

出会い系アプリも、昔はなんかちょっと
あやしいふんいきだったんですけど
いまではマッチングとかそいう言葉を使って
オブラートに包んで普通の女の子を
獲得してるって感じです笑。

まあ、出会い系アプリはどこまでいっても
セフレを作るためのツールですけど。

男もセックス目的で使ってますし
女もある程度はセックスするかもと想定内でつかってます。

フツーの女の子がネットの出会いに参戦してきて
マジ今はイイ時代っす。

そしてさらに
今時の娘ってそこまでエッチまでのハードルが高くない。
特に出会い系やってる娘はそんな女性が多い。

そういう女性は、コミュ障男性に
そこまでトーク力を求めてないです。

僕もコミュ障で
いまだに女性と会ってトークで盛り上がらないときもあります。

でも、トークがもりあがらなくても
「ホテル行こう」
とかフツーに誘うとOKになることが多い。

これって、ネットでの出会いで
男と会ったら
「エッチする可能性がある」
と思って会いに来る女性がほとんどなんですよ。

だから、コミュ障でトークがもりあがらなくても
それでもホテルに誘うと
イケてしまうことって多いんですよ。

だから、出会い系とかで
女と会ったら、イマイチトークがもりあがらなくても
ダメ元でホテルに誘ってみることをおススメします。

で今時のネットの出会いでは
普通に処女とかいますし
歯科衛生士とかエステティシャンとか
フツーならネットの出会いにはいない職業の女とかも
いくらでも会える時代になっちゃいました。

これ地味にすごいことで、
いかにもヤリマンな女とセックスするよりも
普通の恥じらいのある女とセックスするのって
10倍くらい興奮度が違いますから。

はじらいある女をセックスに持ってくのマジ最高でシコいです。

今の時代ネットの出会いやらないのは
ちょっともったいなさすぎるとおもうしだいです。

③コミュ障男でも女と会える時代はスマホ時代になってから始まった

ネットの出会いがフツーになるまでは
コミュ力が無い人は、女とまともに
会う事なんてできなかったですからね。

ネットの出会いが無いときって

学校で出会う
職場で出会う
ストリートナンパして直接女に声かける
合コンとか
クラブ(昔あディスコ?)とか

リアルで女に話しかけるしか
手はないわけですよ。

だからある程度は陽キャで
コミュ力がないと女なんてゲットできないわけです。

コミュ障なんて何もできない時代。
陽キャじゃないと何もできない時代でした。

でも今でなネットの出会いで
メッセとかテキストで送ればいいじゃないですか。

テキストのメッセなら陰キャだろうかコミュ障だろうか
関係ないっす。
女と会うまではメッセだけで何とかなりますからね。

ぶっちゃけ僕も陰キャでしたしコミュ障で
女とまともにしゃべることなく
そのまま結婚してしまって
しかも嫁とセックスレスになってしまった。

そこからネットで女にメッセ送って
何人かの女と会っていって
それでだんだん女になれていった・・・・

みたいなかんじでやってました。

コミュ障で陰キャの人が
いきなり、リアルで女の出会いとかハードル高すぎて
ムリゲーです。
僕はムリだったです。

リアルでの出会いがあるなら
そこまで女がまわりにいないってことも
無いですからね。

メッセから始められるネットの出会いって
コミュ障で陰キャの男の希望なんですよ。
ひかりがみえるというか
陰キャでも女に会える手段です。

どれが今ではスマホだけで簡単にできる。

女に会う事さえできれば
女になれていくし、だんだんと会話もできるようになってくる。

じっさいコミュ障で陰キャだと
ネットの出会いがなければ
女と会って話すといったこともできなっすまじで。

コミュ障の男はこれに気づいて
ネットの出会いをがつっとはじめることができるかどうかが
人生を大きく変えるポイントになります。

ずっと女とセックスできなままで死んでいくのは怖いっすよ。
死ぬときに後悔したくないってのは僕にはありました。

スマホ時代ってコミュ障でも女と会える
本当に素晴らしい時代です。
時代の変化に本当にマジで感謝です。

まとめ

もうすでにスマホ時代になって
「ネトナン」
というあたらしい文化ができてきています。

ネトナン=ネットナンパっすね。

昔はモバゲーとかチャットとかミクシーとかの時代ですが
今ではスマホで出会いアプリがいくらでもあるし。

ネットナンパは市民権をえています笑

スマホ時代になってから
出会いのアプリが乱立していて
出会いを求めたフツーの娘が
いくらでもあふれています。

それを男が狩っていく

こういったものがすでに出来上がってしまっています。

それこそ上で書いたコミュ障の人でも
ネトナンすればわりとらくにセフレができるという事実。

セックスできるチャンスなんですよ。

ちょっと想像してほしいんですけど、
女に話しかけるのは緊張しますよね。

ナンパでも合コンでも
いきなり女しかけるってやってみたことありますか?

やったことある人ならわかりますが、

僕が最初にナンパしようとおもって街に出た時
5時間くらい街をはいかいして
1人の女に道を聞いて帰ってきたました。

女に街ではなしかけようとすると
なんかイヤなヒヤあせをかいて
体がなんかふるえて
こえがうわずってしまいます。

そんなのが続いて何度も心が折れそうでしたよ笑。

ナンパで女に話しかけれるようになるまで
3か月くらいかかりました。

でもナンパでけっかが出なくて
半年くらいで挫折してしまいました。
自分のコミュ障をさらに再認識したわけです。

その時の様子はコチラの記事で書いてます。

既婚者の男がナンパしたら失敗した記録 ナンパは難しいよ
既婚者の男の僕がセフレをつくるために「ナンパ」をやってみました。結論言うと半年くらいやったんですが難しすぎて挫折失敗しました。その詳細な記録を書き記しています。

でもネトナンなら女にメッセでテキスト打つだけで
女と会えるんだから、そっちのほうがイイですまじで。

ネトナンだとメンタルのダメージというか負荷というか
そいうのがメチャ低いです。

ネトナンやり始めた!!
でもネトナンがむつかしいからやめた・・・・
っていう人は僕のまわりではほとんどいません。

フツーのストリートナンパだと9割はすぐにいなくなります
だってきついですから。

ネトナンなれると

LINE交換
↓↓
カフェで30分くらい会話
↓↓
ホテルか自宅によんでセックス

とこのパターンだけでまわせてしまいます。

リアルだと

出会って
↓↓
何回か食事して
↓↓
告白して
↓↓
セックス打診して
↓↓
断られる

とここまで3カ月とか半年とかかかる・・・・
え??ってかんじです。

ネトナンならLINE交換してから
1週間くらいとか
早ければその日にセックスできます

リアルの出会いとかがばかばかしくなる。

ネトナンでセックスをめざした出会いを
求めてください。

何度もデートとかしてセックスできないのは
あまりにむなしい時間がすぎていきます

コミュ障でもネトナンならせっくすできるんですよね。
これまで女と接点が無かった男でも
女と会えるし、そこからセックスまでいくのは
そこまでむつかしくない。

それに女と会えば経験値が上がって
だんだんと女とはなせるようになって
コミュ障もなおってきます。

ネトナンってスマホを使う世代が
どんどん増えるので、
これからもっと伸びていく分野です。

これがわかっている人は
ネトナンを極めて
セフレを作りたい放題になります。

僕なネトナンで出会い系を使ってますが
若いうちにネトナンを極めればそりゃあ
酒池肉林の世界・・・・・
というのは冗談ですけど

セフレ作り放題くらいにはなってきます。

女とのセックスに困らなくなると
本当にメンタルい余裕が出てきて
人生が楽になります。

ここを選択を間違えないで
コミュ障で陰キャの人ほどネトナンからはいるべきです。

コミュ障で陰キャな人がいきなり
クラブ行ってナンパしたり、ストリートでナンパしたり
合コンでウェイウェイやろうとしても自殺行為。

このあたりはもう説明しなくてもわかっていただけるような笑。

 

かなり、時代の流れもあって
コミュ障陰キャでもセフレが作れる自邸になってます。
これをのがさないてはありませんよ。

んで
まとめると

・スマホ時代になっていくらでも女と接点がモテる
・コミュ障でも女と会える時代はいままでになかった
・ネットの出会いに参加する女のレベルが急激に上がっている
・「ネトナン」というあたらしい文化ができてきている

こんなかんじです。

僕も今の時代に若かったらなあと思います。
たらればですけど。

オッサンの僕でもセフレつくりはできるので
若い男だったらマジ無双できますしね。

自分に合った方法でセフレ作りするのが
とても大事で
選択さえまちがわなければ
セックスに困らない生活をすることは
そんなにむつかしくありません。

この選択を割り切ってできるかどうかが
成長するカギとなります。

セフレつくりにネットの出会いを活用して
セックスに困らないせ活を目指していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました